こどもの歯の治療に大活躍!

初めてのフッ素加工

昨日は6月4日、虫歯の日。

たまたまですが、その前日に
娘と私、親子で歯の治療を終えました。

娘、初の虫歯(涙)
虫歯1本とフッ素塗布で2日間で治療完了。

私の虫歯2本は3日間で治療完了。

最近近所にできた歯医者さんは
歯周病の専門医でとっても良心的で助かりました♡

ゆるっとナチュラル子育てをしている私は
フッ素はちょっと敬遠していました。

娘が病院では、「お口あ~ん!」が
大嫌いなのもあり、歯医者さんとは無縁の生活。

ところが先月・・・
久々にゴロンと寝てゆっくり仕上げ磨きを
してあげていたら
虫歯らしきものを発見(*_*)

すぐに予約していくと
案の定虫歯でした。。。

虫歯がなかったときは
フッ素について考えたこともなかったのですが、

安全性うんぬんより
歯の方が大事じゃないか!

これまでの考えを覆し
フッ素を塗布。

これから生え変わったら
虫歯ゼロを目指したい!

 

こちら↓の歯医者さんの意見を参考にしました。
フッ素の安全性について

 

それでもやっぱり心配なフッ素

フッ素が安全かどうかは
やっぱり私はわかりません。

食品添加物とか、化学物質とか
ちょこっと気を付ければ多少は避けられる。

でも、甘いものを覚えてしまった娘に
甘いものを断たせるのは至難の業。。

歯磨きも親子であまり上手でない
自覚もありますし^^;

これからどうしようか悩ましい。。

普段、娘は歯磨き粉が嫌いなので素磨きです。

とりあえず、仕上げ歯磨きに時間をかけて
フロスもしっかり使うことにしてみよう!

定期的に歯医者でチェックを兼ねて
お掃除はお願いする方向で考えています^^

 

歯医者で役立つタッチング

さて、今回歯科検診でものすごく役立ったのが
タッチングケア

お口を一生懸命開けている娘の
足をずっとさすっていました。

途中、つらそうな顔をしたときに
手を握ってみたのですが

娘が「足のほうがいい」
とジェスチャーするので
足をさすり続けました。

おなかが痛いときにクルクルしたり
夜寝るときにトントンしたり

触れられると安心することを
こどもはちゃんと知っているんですね^^

騒ぐことも暴れることもなく
じっと耐えている娘を見て
成長を感じました^^

(転んでもめったに泣かないので、痛みには強い子なのかもしれませんが!)

 

歯茎に使ったアロマ

歯の治療後の麻酔がきれるまでの約2時間
口には違和感が残ります。

それが気になってしょうがなかった娘は
しゃぶったのか、噛んだのか、

大きな口内炎のようなものが
できてしまいました(>_<)

そんな時には、
綿棒で希釈した精油を塗布することもできます。

今回使ったのは
定番のラベンダー。

「まずい~~!」
と騒いでいましたが

治りは早まったように感じましたよ^^

歯の痛みというとクローブを思い浮かべますが
今回は痛みではないですし

5歳の子だったので、
使ったのはラベンダーファイン。

アロマのお世話にならないくらい
健康なのが一番ですが

いざというときに
やっぱり役立ちますね☆

 

ちなみにクローブはゴ●ブリ除け
役立っています!

クローブの香りのことを
娘は「ゴ●ブリのにおい」といいます。

すぐ裏が山の我が家では活躍中です(笑)

 

 

【ワークショップ受付中】
6/20虫よけアロマスプレー&虫さされ後のアロマケア

ご予約受付中☆
unnamed