アロマの学びと父の介護

先月、久しぶりにアロマの先生に
会ってきました。

話はつきず、
濃く楽しい時間でした。

もう知り合って15年くらい。
アロマのこと父の介護のこと・・

しょっちゅう会うわけではないけれど
必要なタイミングで
アドバイスをもらって
道しるべとなっています。

こうして今でも繋がりを
持たせていただいて
本当にありがたい!


アフタヌーンティのブランチセット おいしかった!

 

この縁をつないでくれたのは、
おしゃべりで世話好きこども好きの
でしゃばりだった父(笑)

後の自分のためにつないだ
縁だったんじゃなか
と思うくらい。

 

私は社会人になってすぐに
色々と調子が悪く
(のちに子宮内膜症が原因とわかる)

その時にアロマテラピーが良いらしいと
雑誌でみて

アロマの勉強をしたいなと
思っていた時に

知り合いにアロマの先生がいると
父に勧められたのが
出会いのきっかけでした。

父には反抗的だった私が
なぜこの時、素直に受け入れたのか
今はまーったく覚えていないのだけど^^;

 

社会人になって間もない
たしか23歳のときに習い始め、
その時は完全に趣味でした。

レッスンは先生のご自宅。

先生はお母様の介護をしながら
サロンとお教室を運営されていて

時々車いすでお手洗いにいかれる
お母様を見かけ

介護も大変そうなのに
前向きに仕事に取り組んでいて
すごいなぁと思っていました。

まさか、その数年後に自分が
その環境におかれるとは!!!
思ってもいませんでした。

(といっても、我が家の介護は
母がメインですが)

 

今、父は脳梗塞で半身不随。

自分では寝返りもできず、
話せず文字盤での会話、
ベッドと車いすの生活です。

父が倒れて来月で丸7年。

ケアマネさんのこと
胃ろうのこと
訪問医の先生のこと

介護した人にしかわからないことを
アロマの先生に教えてもらいました。

 

そしてセラピストになってから
たくさん学んできたことが
ずいぶん介護に役立ちました。

足枕や腰の下にタオルをいれ
褥瘡は一度もできず

痛みや冷えがあるときは
足浴やホットパックでケア

たま~に揉んだり
ストレッチして
動かない手足を動かしたり

アロマを取り入れた
ケアをして

介護する母のメンタルのケアにも
きっと役立っている。

 

色々と大変な思いをした経験は
セラピストとの仕事の糧になる。

経験を糧にされている先生を見て
私もそんな風になれたらなと

また明るい気持ちに
なりました!

 

ここのところまた色々と
動いています。

またブログで少しずつ
書いていきますね♪

では、また!

 

体調と感情に振りまわされない
毎日をサポート

unnamed